黒ずみ解消クリームとして有名なイビサクリーム。

脱毛業界の発展に比例して爆発的な知名度を得た商品と言えます。

その人気を裏付ける効果を持った商品なのでしょうか。

結局のところ、効果があるかないか。

 

早速調査してみました。

 

イビサクリームが黒ずみに有効な理屈と調査

イビサクリームの有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。

それぞれの効果はトラネキサム酸がメラニン生成の抑止。

グリチルリチン酸ジカリウムが肌の炎症を抑える成分。

 

イビサクリームは脱毛後に使用する事を想定されて誕生したクリームですから、脱毛後のデリケートな状態の肌に対し、炎症を抑えながらメラニンの生成を抑えてくれるというアプローチですから、確かに効果的な印象ですよね。

 

実際の使用者の声はどうか?

イビサクリームの口コミもチェックしてみました。

保湿効果に対するプラスの意見が非常に多かったです。

また、全身に使用できるといった利便性を評価する声もありました。

 

では、マイナス評価の方の声はどう言った声だったのか。

主に効果を実感するまでに時間を要したという声です。

中には効果を実感できないので、やめてしまったという方もいました。

 

これは個人差というより、肌のターンオーバーが関係しているので、根気強いケアが必要になる印象は理解できます。

ましてや脱毛後のケアではなく、長年かけて出来上がった黒ずみがスタートであるとするならば、イビサクリームのターゲットとは少しずれてくると思います。

 

ただし使用感、保湿力には定評がありますから、美白クリームとしては成分からも口コミからも効果が期待できそうなのでオススメ商品と言えるでしょう。

 

黒ずみと言ってもいろんな要因があります。

あくまでケアクリームは美肌に向かうお手伝いと解釈し、生活習慣を整える事がそれよりも重要な事を忘れないようにしないといけませんね。

 

面白い関連サイトを見つけたので、リンクを貼っておきますね。

興味のある方はどうぞ。

 

 

イビサクリームの最安値情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です