黒ずみ解消クリームとして有名なイビサクリーム。

脱毛業界の発展に比例して爆発的な知名度を得た商品と言えます。

その人気を裏付ける効果を持った商品なのでしょうか。

結局のところ、効果があるかないか。

 

早速調査してみました。

 

イビサクリームが黒ずみに有効な理屈と調査

イビサクリームの有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。

それぞれの効果はトラネキサム酸がメラニン生成の抑止。

グリチルリチン酸ジカリウムが肌の炎症を抑える成分。

 

イビサクリームは脱毛後に使用する事を想定されて誕生したクリームですから、脱毛後のデリケートな状態の肌に対し、炎症を抑えながらメラニンの生成を抑えてくれるというアプローチですから、確かに効果的な印象ですよね。

 

実際の使用者の声はどうか?

イビサクリームの口コミもチェックしてみました。

保湿効果に対するプラスの意見が非常に多かったです。

また、全身に使用できるといった利便性を評価する声もありました。

 

では、マイナス評価の方の声はどう言った声だったのか。

主に効果を実感するまでに時間を要したという声です。

中には効果を実感できないので、やめてしまったという方もいました。

 

これは個人差というより、肌のターンオーバーが関係しているので、根気強いケアが必要になる印象は理解できます。

ましてや脱毛後のケアではなく、長年かけて出来上がった黒ずみがスタートであるとするならば、イビサクリームのターゲットとは少しずれてくると思います。

 

ただし使用感、保湿力には定評がありますから、美白クリームとしては成分からも口コミからも効果が期待できそうなのでオススメ商品と言えるでしょう。

 

黒ずみと言ってもいろんな要因があります。

あくまでケアクリームは美肌に向かうお手伝いと解釈し、生活習慣を整える事がそれよりも重要な事を忘れないようにしないといけませんね。

 

面白い関連サイトを見つけたので、リンクを貼っておきますね。

興味のある方はどうぞ。

 

 

イビサクリームの最安値情報はこちら

ダイエタリーファイバーに続き、レジスタントプロテインのダイエット効果に注目されているのはご存知ですか。

レジスタントプロテインのダイエットとは、一体どのようなダイエット方法なのでしょうか?

そもそもダイエット効果なんてあるのでしょうか?

 

レジスタントプロテインダイエットとは

レジスタントプロテインには、口にした脂肪分を吸いこんで外に出すという効果があります。

レジスタントプロテインは、たんぱく質ですが、食物繊維と似たようなもので人の体内で消化されることはありません。

これによってレジスタントプロテインは、腸内で過剰な余分な脂肪やコレステロールを吸収してくれます。

吸収された余分な脂肪は、便ともに体外へと排泄されるというわけですね。

 

つまり、レジスタントプロテインを摂取することにより、体脂肪の減少効果が期待出来て、コレステロール値も低くすることに繋がります。

また、食物繊維と似た機能を果たすのがレジスタントプロテインです。

腸内環境を整える効果も期待出来ます。

不要な脂肪とともに便の排泄も促しますから、自然と便秘も解消されてくるはずです。

便秘は、肥満、肌荒れ、生活習慣病が生じる原因ともなりうるのでこれは、ありがたい効果効能ではないでしょうか。

 

レジスタントプロテインには代謝をあげる効果あり?

レジスタントプロテインを摂ることで代謝を上げると言われています。

代謝を上げるイコールダイエットへの効果が期待できるという事になります。

加齢による基礎代謝が下がるのは仕方ありません。

ただし、当然基礎代謝が下がると太りやすくなります。

では食事制限だけしていればいいのでしょうか。

それもつらいですよね。

レジスタントプロテインを毎日継続して摂り入れることで基礎代謝をあげる効果が期待出来ます。

取り入れない手はないですよね。

 

酒粕でダイエット!?

レジスタントプロテインダイエットで特に注目されているのが、酒粕ダイエットです。

食事制限はなしです。

1日50gの酒粕を摂取するだけです。

ウソみたいですよね。

 

ただ、個人的には食事制限とはえいえ、過食は避け、砂糖、油もの避けたほうが無難かと。

酒粕が苦手な場合は、甘酒として摂るのが良いかと思います。

 

甘酒の作り方

酒粕50g

水200cc(基本的に酒粕に対して4倍の水量)

砂糖で味を調整(入れすぎ注意!)

 

酒粕50gと水200ccを鍋に入れ、中火にかけ酒粕を崩しながら加熱します。

沸騰したら弱火にし、酒粕をよく溶かして完成です。

 

酒粕とは、もろみからお酒を絞りだした後に残る副産物です。

酒粕は、レジスタントプロテインを豊富に含むようです。

食物繊維も豊富だそうで、米に含まれる食物繊維の10倍もあるとの事。

聞いただけで便秘にも効きそうですよね。

 

ただ、毎日甘酒をつくるのも飲むのも大変そうですよね。

ずぼらな私はやはりサプリメントでないと続ける自信がありません。。。

詳しくしりたい方は以下参考記事をどうぞ。

 

>レジスタントプロテイン配合サプリの情報記事

見た目は重要。

やっぱり人はパッと見て「何歳くらい」と無意識的に判断しています。

すごいですよね、考えたら。

一瞬にして膨大な情報量の中から総合的判断を下せるのですから。

人工知能もすごいですけど、やっぱり人の脳ってすごいですね。

 

それは、さておき。

その中でも年齢が出やすいのがお肌です。

年齢はお肌に出るんですよね。

どうしてもシミ、シワが出てくると若さを失います。

 

いわゆる美魔女と呼ばれる方々は、このお肌が違います。

肌年齢が上がると若々しさから遠ざかる。

これが明確に分かっているのであれば、シミ、シワをいかにつくらないかを考える必要がありますよね。

 

シミ、シワが出来にくいお肌とは

ズバリ、シミ、シワが出来にくいお肌とは?

それは「弾力、ハリのあるお肌」です。

 

ではどうすれば「弾力、ハリのあるお肌」になれるのか?

答えは保湿です。

もっと言うと、保湿力の高いエイジングケアが出来ているかが肝となります。

美意識の高い方であれば、誰しも保湿は意識的にケアしているでしょうからね。

個人的に重要なポイントは、持続性の高い保湿ケアが出来ているかが重要だと考えています。

 

お肌の救世主、「卵殻膜」で全ては解決!?

みなさん、「卵殻膜」って聞いた事ありますか?

私たちがよく口にする卵の殻の内側にある薄膜です。

これが私たち人間の肌にとても似た構造のようです。

このタンパク質の性質に着目されて話題になっているのが「卵殻膜」なんです。

読んで字のごとくですね。

 

実際に使用者の口コミでも効果を実感された方の声が多数あります。

「翌朝のお肌のハリで効果を実感できた」といった口コミが多いです。

肌に近いから成分だからこそ肌に馴染む。

卵殻膜のロジックは非常に合理的ですよね。

 

もちろん、食生活、睡眠といった基本的な生活習慣が安定してこそのターンオーバーである事は言うまでもありませんが、今のスキンケアにプラスワンする事で、今以上の肌にしたいのが本音ではないでしょうか。

 

この卵殻膜を配合した美容液は化粧水前に使用するものです。

それによりいつものスキンケアがより肌に馴染む。

内側からたっぷり保湿する事で、肌のハリをサポートしてくれます。

潤いの高い肌は乾燥知らず。

つまり、シミ、シワになりにくい健康で丈夫な肌という事です。

 

いかがでしょうか。

美肌には保湿が重要。

保湿された肌はトラブルが起こりにくいんです。

その為に期待できるお助け役が「卵殻膜」という事です。

 

私がおすすめの卵殻膜配合の美容液は「ビューティーオープナーオイル」という商品です。

興味のある方は是非

 

ビューティーオープナー 効果 口コミ